「維新を叩こうとしたら首相が”やめろ”と電話してきた」自民・西田昌司、籠池証人喚問の質問に対し安倍から”忖度”があった事を暴露

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ fffc-4uQN) [↑] :2017/04/19(水) 10:36:43.82 ID:8xjkaA340● (1/4) [PC] ?2BP(2001)

//img.2ch.net/ico/o_anime_po.gif
森友質疑、首相からの電話 「国会の爆弾男」も質問封印
http://digital.asahi.com/articles/ASK4F3Q3HK4FUTFK008.html?rm=623

 3月2日。電話口の安倍晋三首相は少し、いら立っているようだった。
「西田さんは大阪問題でやりたいだろうけど、それを頼んだのが安倍だと言われたら、なんにもならないからさ」

 電話を受けたのは、自民党の西田昌司参院議員。4日後の参院予算委員会で学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地売却問題について質問に立つことが決まった矢先。首相から質問内容に注文がついたのは初めてで「総理が直接電話してくるのは異常やねん」と西田氏は明かす。趣旨は、土地が約8億円値引きされたことの「正当性」を質疑を通してうまく説明してほしいというものだった。

 西田氏は京都府選出。日本維新の会に一貫して批判的な立場で、「森友問題は大阪府の小学校設置認可をめぐる規制緩和に端を発した大阪問題」として質問するつもりだった。首相は電話で維新に触れなかったが、西田氏は直感した。
「憲法改正を含め、政権に協力的な維新をかばう気持ちが首相にはあるんやな」と。

 質問当日。西田氏は首相の言う通り、値引きの正当性を主張する官僚答弁を引き出し、「疑惑だ、という森友事件の報道は
フェイクニュースだ」と訴えた。
 与党議員が政権に都合のよい質問をするのは珍しくない。だが、西田氏は「国会の爆弾男」の異名をとり、身内といえども
歯にきぬ着せぬ批判を浴びせる言動でならしてきた。そんな西田氏でさえも、この日は大阪府に関する質問を封印せざるを得なかった。
10日後の3月16日。学園の籠池泰典氏の100万円寄付発言が飛び出すと、竹下亘・自民党国会対策委員長は「首相への侮辱だ」と
言って証人喚問に踏み切った。問題が首相を直撃しても、与党はひたすら「1強」に付き従っている。

■政権の敵、容赦なく攻撃
 「そもそも寄付はしておりませんが、寄付していたとしても、感謝されこそすれ、犯罪ではありません」
 17日の衆院決算行政監視委員会で、安倍晋三首相は森友学園に対する妻・昭恵氏の寄付の有無に関して、こう答えた。
 最近の首相には余裕がうかがえる。12日の衆院厚生労働委では、民進の柚木道義氏は森友問題でNHKの世論調査を取り上げた。
 「政府の説明に納得できないが8割。昭恵夫人に公の場で説明頂けるよう話して頂けないか」
 首相は笑みを浮かべながら、答弁した。「その調査では内閣支持率は53%。自民、民進の支持率はご承知の通りでございます」
 自民支持率は38%、民進は7%。首相は「何回も説明してきた通り」と、昭恵氏の国会招致を拒否した。
 政権の座に返り咲いてからの4年余。国会質疑で質問を受ける首相が、民進議員をやり込めようとする場面が目立つ。
民進を攻めることで自らへの批判をかわす。それが得意のパターンであり、現実に森友問題が首相を直撃しても内閣支持率や
自民支持率への影響は限定的だ――。首相の答弁は、何があろうと「安倍1強」は揺るぎないと宣言するかのようだった。
 政権の危機管理を担ってきた菅義偉官房長官は、毎日2回の定例会見で「その指摘は全く当たらない」「そのような懸念は当たらない」
などと全面否定の言葉を繰り返すことで、批判をはねつけてきた。

続きはソースで
元スレ
「維新を叩こうとしたら首相が”やめろ”と電話してきた」自民・西田昌司、籠池証人喚問の質問に対し安倍から”忖度”があった事を暴露 [無断転載禁止]©2ch.net [311660226]
http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1492565803/


4 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 5fcd-Aj7l) [] :2017/04/19(水) 10:40:06.71 ID:ju/sWpp50 (1/2) [PC]

安倍ー維新ラインはマジでクソ。

ネトウヨ同盟。

続きを読む

            FC2 Blog Ranking
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

sugosoku

Author:sugosoku
すごい一体感を感じる。今までにない何か熱い一体感を。
風・・・なんだろう吹いてきてる確実に、着実に、俺たちのほうに。
中途半端はやめよう、とにかく最後までやってやろうじゃん。
ネットの画面の向こうには沢山の仲間がいる。決して一人じゃない。
信じよう。そしてともに戦おう。
工作員や邪魔は入るだろうけど、絶対に流されるなよ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
QRコード
QR
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示